横浜市長選挙2017予想と候補者の学歴と経歴は?

f:id:bigconchan:20160316155609j:plain

2017年横浜市長選挙の日程は7月16日告示

7月30日の投開票の日程になっています。

林文子氏・長島一由氏・伊藤大貴氏が

候補者として立候補していますが、

IRや中学給食問題などが焦点になりそうです。

横浜という地方選挙とはいえ

日本第二の都市である横浜市長選挙に注目が集まります。

スポンサーリンク

 

横浜市長選挙の候補者(立候補者)の学歴と経歴は?

横浜市長選挙は現職の林文子氏、そして

長島一由氏・伊藤大貴氏が立候補していますが、

学歴や経歴は次の通りとなります。

 

届け出順

 

林文子(はやしふみこ)71歳 無所属現2

 

長島一由(ながしまかずよし)50歳 無所属新

 

伊藤大貴(いとうひろたか)39歳 無所属新

スポンサーリンク

 

横浜市長選挙2017予想は?

これまで林文子氏は横浜市政を無難に進めて来たと

思いますが、3選を目指すことにはなりますが

情勢をしては優位に進めていると思われます。

 

林文子氏は自民党公明党の推薦を受けています。

ご存知の通り現在自民党は逆風を受けている状態

ではありますが、

仙台市長選挙では

民進党衆院議員の郡和子氏が当選をしていますが

横浜市長選挙では民進党は独自候補を立てていません。

 

地方選挙とはいえい大型選挙でもあるのに

民進党は独自候補を立てないことは

さらに民進党支持者の大きな減少につながる

ことでしょう。

 

林文子氏に対する

長島一由氏や伊藤大貴氏

  • カジノ反対
  • 中学校給食の実現

を主張していますが、

IR(カジノなどの統合リゾート)の

誘致などがあって

民進党は動きが取れないのでしょうか?

 

もはや・・・民進党は終わり始めているのでしょう。

 

長島一由氏は逗子市長などの経歴から

神奈川県でも知られた候補者であり

林文子氏を追う展開にあると予想され、

伊藤大貴氏においては組織票などを考えると

3番手と言えそうです。

 

一般的には現職が強いということや

林文子氏が行って来たトップセールスなどの

企業誘致などの実績に加え

民進党の意識の低さを考えれば

林文子氏が長島一由氏や伊藤大貴氏に

大きな差で横浜市長選挙を制するのでは

ないでしょうか。

 

ただし・・・

林文子氏がカジノや中学校給食の実現

についてあまり言及していないことが

批判の対象になることもあると思いますが

どの様に考えているのかは

難しい問題ですが表明するのが筋とは言えます。

スポンサーリンク