静岡県知事選挙2017予想!立候補者の学歴や経歴は?

f:id:bigconchan:20160430123830j:plain

静岡県知事選挙が2017年6月8日に公示されました。

2017年お静岡県知事選挙の投票日は

6月25日、期日前投票は6月9日から6月24日

となっていますが

気になる静岡県知事選挙の予想や

立候補者の学歴や経歴はどの様なものなのでしょうか。

スポンサーリンク

 

静岡県知事選挙の立候補者の学歴や経歴は?

任期満了に伴う2017年の静岡県知事選挙は

バルセロナオリンピック女子柔道銀メダリストの

溝口紀子

静岡県知事3選を目指す

川勝平太

の2氏が立候補者となっています。

 

届け出順となりますが

溝口紀子氏と川勝平太氏の学歴や経歴は

次の通りとなります。

 

溝口紀子(45歳) 無所属新人

1971年生まれ 静岡県磐田市出身

浜松西高校埼玉大学⇒東大院

 

バルセロナ五輪女子柔道52Kg銀メダル)

 

川勝平太(68歳) 無所属現職

1948年生まれ 大阪府出身

洛星高校⇒早稲田大学⇒オックスフォード大院

 

 

溝口紀子氏・川勝平太氏共に

静岡文化芸術大学に関わっていたことが

共通していると言えますね。

スポンサーリンク

 

2017年静岡知事選挙の予想!

地方政治を考えてみると

意外と民進党民主党)の

支援を受けた立候補者も善戦しています。

 

国政の民進党はズタズタですが

川勝平太氏は第53代、54代の静岡県知事として

そつのない県行政を運営しており

イデアがあふれた手腕は評価するべきでしょう。

 

ただし

静岡市との間では多くの課題があり

敵対しているという表現が出来るほど

静岡県静岡市は上手く行ってはいません。

 

そのほか川勝平太氏の独断的な手法にも

批判はあるとはいえ

近江商人の三方良しといったことを

求めるのはいささか無理なことでしょう。

 

川勝平太知事については

民進党民主党であった時代には

将来の総理候補とも言われていたことがありますが

対立はあるものの問題提起して

改善を進める姿には好感が持てます。

 

一方で

 

溝口紀子氏については静岡県生まれという利点や

バルセロナ五輪女子柔道52Kgの

銀メダリストという知名度

県教育委員長を務めたことでも知られています。

 

ところが

 

静岡文化芸術大学の職を突然辞して

静岡県知事選挙の立候補者となることは

ゼミ生や講義を放り出してのこととなるので

批判されるべきでしょう。

 

溝口紀子氏はまだ45歳ですので

静岡文化芸術大学の職をきれいな形で

辞してからの立候補でも構わなかった

と思います。

 

どうしても今でないと・・・

という理由はハッキリとしていません。

 

無責任さが目立ってしまい

せっかくの知名度を相殺することになり

溝口紀子氏の将来の活躍を期待していた

静岡県民はガッカリとしたことでしょう。

 

きっと、溝口紀子氏は名誉というか

自己実現欲求を抑えることなく

教授の職を途中で辞めたと思ってしまいます。

または

今後の政界への足がかりとしているのでしょうか。

 

ところで

2017年静岡知事選については

一般的には余程の失政がなければ現職が

強いことや川勝平太氏は民進党や連合の

支援を受けていること

溝口紀子氏は自民党が独自候補の擁立を

見送ったことで

一部の自民党の支援しかないことから

2017年静岡県知事選挙は

大きな差で川勝平太氏が当選する

と予想をしています。

 

溝口紀子氏は知名度があるので

将来を考えると非常に勿体無い出馬で

政治のセンスは持ち得ていないことが

露呈してしまったことは

期待していたが上に残念なことと思います。

スポンサーリンク